2016年9月18日 (日)

ほとんど1年ぶり

最近、林道の夜間通行規制だとか、やんばる国立公園の指定だとか、やんばるの森の様子が少し変わってきた。

とりあえず、林道の夜間通行許可証をもらいに役場に通ったり、情報収集に野生生物保護センターに行ったり、ガイドの仕事の少ないこの時期にもかかわらず、今帰仁村と国頭村を行ったり来たりしている。

国立公園に指定されたとはいえ、肝心の米軍北演習場の北半分はまだ返還されていない。返還されて、国立公園に編入されればよいのだが、すぐにダムになってしまわないことを望む。そう考えると、返還されるのが良いのやら悪いのやら。東村で頑張ってくれているので、まだしばらくはこのままかな。

やんばるの森の様子が少し変わってきたといえば、去年まで、あちこちで出てきてくれていたヤンバルクイナの観察ポイントでさっぱりヤンバルクイナの姿が見られなくなってしまった。
原因は、野ネコと野犬の群れのようだ。
野ネコが側溝で待ち伏せ、野犬が藪から出てきたヤンバルクイナを群れで追い回すという状況がこの春先からみられるようになり、今ではほとんどヤンバルクイナが出てこなくなってしまった。
またネコ狩り、野犬狩りをしないとせっかく増えてきたヤンバルクイナが姿を消すことになる。そうなると、せっかく国立公園化や世界自然遺産に登録されても意味が半減してしまう。国立公園化されてそういう予算は増えるのだろうか?

| | コメント (0)

2015年10月 2日 (金)

大ドンデン返し

またまた1年ぶりの更新。

ようやく国頭村に貸してくれる家があるということで、引っ越し準備。
10月1日に電気も水道も開通させて、まずは大掃除。
貸主?がやってきて、支払方法やらなんやら最終の相談をして握手。

これで安心と思いきや、なんやら周りが騒がしい。
掃除を終えると、貸主?が表れて、いきなり「貸すのやめた」と、一言。
理由を聞いてもはっきりしない。「他をあたってくれ」とのこと。
またまた、またまた手のひら返し。

周りに聞いてみると、どうやら横やりが入ったみたいだ。
過去にも問題があって、住人二人が逃げ出しているらしい。

まあ、大ドンデン返しではあったが、これでよかったのかな?
こんなことで落ち込んでいたらこの地では生きていけない。

また振出しに戻った。

とりあえず、大至急電気と水道の解約!
きれいになった家で一晩中宴会でもされたら大変だ。
(前の家で大変めんどくさいことになった経験があるのだ。)

こんなことを面白おかしく手記にしてみるのもいいかな。

| | コメント (0)

2014年11月16日 (日)

お久しぶり

一年ぶりの更新。
昨年の引っ越し後、体調不良でしばらくブログの更新できず。この夏になって、ようやく原因がわかり、すこしづつ復活してきた。コレステロール値を下げる薬の副作用で、体中の筋肉が炎症を起こしていたようだ。セカンドオピニオンは必要だね。

ようやくわが村にも11月から光通信が開通。劇的に通信速度が速くなった。それも、ブログを再開する気にさせたのかも。

ガイドの仕事はなんとかやっていた。春から夏にかけては、某旅行会社のやんばるツアーが亡くなったおかげか、忙しくさせていただいた。今は、一息。
ナイトツアーはちょこちょことさせてもらっていて、このところは好調。RKオオコノハズク、ケナガネズミがよく出ている。でも、今年もイタジイの実のできはよくないので、これからのケナガネズミの出現頻度は落ちてくるかも。

| | コメント (2)

2013年10月 2日 (水)

引越し後初のガイドツアー(団体編)

まだまだ荷物は片付いてはいないが、遊んでばかりもいられない。

 以前から予約の入っていた、野鳥の会関係の団体ツアー。
 大型バスで、総勢20名以上の大所帯でのツアー。
 2年前にももっと多人数の同様のツアーをしたことがあったので、今回は、プランは組みやすかった。
 しかしながら、2年前とは違うのは、昨年の大型台風のおかげで、森の中へ大型バスで入れる場所が非常に少ないこと。前回行った、比地大滝は、改修されて入れるようになったとはいえ、きれいになりすぎて鳥たちはどこかへ行ってしまった。

 さて、ツアーの結果はというと、
初日は、喜如嘉のターブク のち ナイトツアー
 喜如嘉では、なんとかリュウキュウヨシゴイが2羽出てきてくれた。他はジシギが多数いたが、タシギとその他もいたようだが、なかなかフィールドではわからない。(おそらく、ハリオシギ、オオジシもいたようだ)
 ナイトツアーでは、幸運にもヤンバルクイナが折れた木のてっぺんで寝てくれていた。いままで、何回も通ったが、この場所では、今シーズン初めて。距離も位置的にも申し分のない場所だった。他には、RKアオバズク、RKコノハズク(声のみ)、RKオオコノハズク(声のみ)。

翌日、
 早朝5時30分出発。他の車が来ないうちにポイントへ行き、ひたすらヤンバルクイナを待つことに。
 100m辺りにはちょろちょろ出てくるのだが、色がはっきりわかるほどの距離には出てこない。そうこうするうちに雨が激しくなり、しばらく雨が止むのを待つ。
 7時過ぎ、ようやく30m位のところに出てきた。明るくなっていたので、ばっちり色も模様もわかった。すこしづつ近づいてきて、最終的には、バスの前方5mまでやってきた。これで一安心。

 朝食後は、ダム周辺へ。
 ホントウアカヒゲを待つも出てこず、林道を歩くことに。セミがうるさく、暑かったので、半分あきらめていたが、蜜柑園の方から「ケッケッ」という声とともに一直線にノグチゲラが向かってきた。この時、観察できたのは、数人であったが、まだ近くから声が聞こえていたので、しばらく待っていると、もう一度同じ方向から、ノグチゲラが飛んできて、全員観察できた。また、この待っている間に、蜜柑園内にホントウアカヒゲがペアでえさ取りに出てきてくれて、非常にラッキーだった。

 午後は、金武へ。
 でも、どうも今年は、シギ、チドリ類の数が少ないようだ。ヒバリシギ、ムナグロ、コチドリ、セイタカシギなどはパラパラ入っていたが、やはり少ない。他には、ツメナガセキレイ、チョウゲンボウ、ハヤブサなど。

大人数、大型バスでもヤンバル3種は、ゆっくり観察でき、お客様も大満足(なはず?)

大人数でもガイドツアーを受け付けていますので、旅行会社の方もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月18日 (水)

またまた引越し

 ネット接続環境は最悪でも、自然写真を撮るには最高の環境だった国頭村のど田舎からまたまた移転せざるを得なくなってしまい、ようやく引越し終了。今度は、今帰仁村に移転したので、フィールドまでは車で一時間以上かかることとなってしまった。まあ、ネット環境はADSLがかなりの速度で接続できるので、写真のアップはできるようになった。(アップするかどうかは気分しだい?)
 現在、ばたばた引越しのおかげで、体はガタガタ、精神的にもメロメロ状態。

 しばらくは、前の事務所は貸してくれると言ってたのだが、突然、家主さんが帰ってくると言い出し、あわてて引越し。
 国頭村内に他に貸してくれるという家があったのだが、いざ引越しという直前に「やっぱり、やーめた。」で、さらにおおわらわになってしまった。(この地は、アフリカ諸国同様こういうことが実に多い!)
 と、いうわけで、しばらくガイドの仕事の方は、お休みにしておりましたが、

 10月より
 国頭村道の駅「ゆいゆい国頭」発着

でツアーを再開いたしますので、よろしくお願いします。

| | コメント (0)

2013年5月 1日 (水)

4月は暑かったり、寒かったり

 4月は、暑かったり、寒かったり、大雨が降ったりで不安定な天候。
 前回の悪い予感は的中。大雨ののちは、観察していたヤンバルクイナのペアは、一種に出てくるようになってしまった。抱卵は失敗したようだ。おかげで、お客さんは交尾のシーンを見ることができた。カメラがないとそんなことも見せてくれることも。
 今の状態はというと、オスメス交互に出てくる。ということは抱卵中か?大雨が降らなければ、5月中旬にはかわいいヒナの姿が見られるかも。

 ノグチゲラはというと、北の端の方は、どうもイマイチ。昨年の台風で森が荒れすぎたかな。他のところでは、タイワンハンノキの枯木に穴掘りしているペアが多いらしい。巣穴掘り途中のペアもいるが、抱卵まで行くかどうか?巣穴の近くに張り付いている「写真家」がいる。他のバードウォッチャーに「写真家」さんが見つかってしまうと、掘りかけの巣穴も見つかってしまう。掘りかけだとやめてしまうことが多いのだけど...。

 夜の森はというと、リュウキュウコノハズクは、かなり活発になってきた。だいぶ姿もあらわしてくれるようになってきた。リュウキュウアオバズクとアオバズクの両方が結構見られた。リュウキュウオオコノハズクはというと、なかなか見られない。若鳥らしい声も聞こえる。
 樹上で眠るヤンバルクイナは、まだまだ気温次第。寒い夜は、木に登っていない。本州よりは暖かいけど、沖縄の鳥たちは寒がりなのだ。寒い朝だと、いつも観察しているヤンバルクイナも一時間は出が遅くなったりする。
 毎日のようにノグチゲラの巣さがししているが、今年は良い巣が見つかるかな?

| | コメント (0)

2013年3月25日 (月)

ヤンバルクイナ 好調 ノグチゲラは?

3月に入って急にあたたかくなってきた。

ヤンバルクイナは、かなり活発になり、頻繁に交尾行動が見られ、先週くらいからペアでの活動が見られなくなってきた。どうやら抱卵を始めたらしい。

でも、昨日の大雨で巣が水没してなければよいのだが、まだ不明。

夜も少しずつ木に登って寝る姿が多く見られるようになってきた。
なんとか2013年に入って、ヤンバルクイナの観察確率は、90%を超えている。
(撮影できたかどうかは別)

リュウキュウコノハズクの声もだいぶ聞こえるようになってきた。

うりずんの季節で、天気はあまりよくないが、新緑がきれいな季節になってきた。

そろそろノグチゲラも活発になってきてもよさそうなのだが、私が出入りしている森では、まだドラミングも聞こえない。さて、今シーズンはじっくり観察できるかな?
昨シーズンは、この時期引っ越しで忙しくて、おちついて観察できなかったからね。

ネット環境は相変わらずで、なぜか写真をアップロードしようとすると、途中で接続が切れてしまう。
早く来い来い光ファイバー。LTEでもいいぞ。

| | コメント (0)

2013年2月 6日 (水)

寒い日、暖かい日

4か月ぶりの更新。
ずーっと、ネットにつながったりつながらなかったり。

ブログにアクセスするのすらなかなかうまくいかない。ようやくログインできたので書き込んでみることに。

相変わらず、画像のアップロードは無理。途中でアクセスできなくなってしまう。
ようやく、地デジ用の光ケーブルは来月には開通するようだが、ネットとは別物だそうだ。せっかく光ケーブルが開通するなら光テレビでいいのに、どうやらこの辺りではそういうことができないようだ。

さて、森の様子はというと、
12月から1月にかけては、寒い日(最低気温が15度を切る日)が多く、特にナイトでは、あまり成果のない日が多かった。今年はどういうわけか、アマミヤマシギがちょくちょくみられる。奄美大島でのマングース退治がうまくいって増えてきてるのだろうか?一方、ケナガネズミは、この冬は全くお目にかかっていない。台風のせいで、イタジイの実がほとんど林道に落ちていなかったせいだろうか?

一方、2月に入ってから日中は25℃、夜も20℃前後と暖かい日が続いた。(今夜は一気に冷え込んできたが)
そうなると、鳥たちの動きも活発になる。裏山のノグチゲラも顔を出し、ヤンバルクイナの声も聞こえた。夜はというと、久々にRKコノハズクの声を聴き、ヤンバルクイナは、5か所5羽観察できた。そのかわり、RKオオコノハズクは気配がなくなった。(たぶん抱卵中?)よく鳴いていたイシカワガエルも一休み。また、ぐっと冷え込んだら本格的に繁殖期に入るのかな?

まあ、そんなこんなで、この時期は気温次第で、見れたり見られなかったり。
このあとは、また寒くなるのかな?

| | コメント (0)

2012年10月 4日 (木)

巨大台風2個通過 そのあとは?

8月末の台風で被害を受けた風呂の屋根が治ったとたん、次の台風15号がやってきた。
こちらも大物。920HPaと今までに聞いたことのないような台風。
目の前の海からは波が越え、電線があちこちでぶら下がっていた。
うちの事務所は幸い大きな被害はなかったが、電気の引き込み線の固定金具が外れ、電線がぶらぶら状態。電話回線はしばらく不通。さいわい携帯はつながった。

台風通過後もあまり天気は良くならず。一週間ぐらいしてから晴れ間が出だした。
アカハラダカの渡りの時期なので、嘉津宇岳へ行ってみる。

9月22日 午前6時半から11時まで アカハラダカ 約200羽通過 一度だけ60羽ほどのタカ柱

9月25日 午前7時から10時まで アカハラダカ 約300羽通過 タカ柱らしいタカ柱なし。バラバラ

9月26日 午前7時から10時まで アカハラダカ 約1600羽通過 かなり高空ではあったが100羽、200羽程度のタカ柱が頻繁に見られた。

写真をアップできないのが残念。

電気工事が来る前に、今度は、台風17号。こちらもかなり強烈。
あちこちで、長時間にわたり、停電、電話が不通となった。

わが事務所はというと、
10月1日に事務所に戻ると、電話、携帯とも不通。
でも、どういうわけかデータ通信だけはOK。
電気もOK。

森に入ると、あちこちで大木が倒れ、葉っぱは落ちて森はスカスカ状態。
ヤンバルクイナが出るポイントでは、さいわい出てきてくれた。
でも、ノグチゲラはまだ見つけていない。

夜の森にも入ってみたが、ヤンバルクイナがねぐらにしていた木がことごとく折れてしまっていた。
さてさてこれでは、探すのが大変だ。
アオバズクは、渡りのも含めてそこそこ見られたが、RKコノハズク、RKオオコノハズクは声だけで姿は見えず。

台風通過後は、比較的強い北風が吹き続け、一気に気温が下がってきた。
冬鳥の渡りが始まったようだ。

10月3日 サシバ 1羽初認、カラムクドリ1羽
10月4日 サシバ 5羽

来週はサシバの渡りを撮影に行こう。

| | コメント (0)

2012年9月 6日 (木)

ネット大変!台風大変!撮影機材、家電製品も大変だ―

長らく更新できず。

やっとネットが繋がるようになった。
7月に入ってから急に携帯電話もデータ通信も家の中でほとんどつながらなくなった。
auのサポート24にメールを入れたところ、このど田舎まですぐに来て、電波状況を測定。
サポートの人いわく、7月に周波数切り替えのためにアンテナ位置が変わったということ。
レピーターという中継器を窓際に置いてもらったら、なんと、携帯もデータ通信も繋がるようになった。
この地にしては、早い対応。無料というのもありがたい。
でも、接続スピードは相変わらず遅いので、写真はアップできそうもない。
早く来い来い光ファイバー!

そして、8月下旬に大阪に里帰り。
帰りにみごとに過去最大の台風に大当たり。2日大阪に足止め。
まあ、大阪の天気はよかったので、ゆっくり遊べたが...。

事務所に帰ってびっくり!
風呂の屋根がない。電気系統がズタズタ。幸い母屋はなんともなかったが。
すぐに、管理人さんに修理をお願いしたが...。
まあ、ご想像にお任せ。(わじわじー。)

そんなわけで、しばらく森には入れず。

森の中はどうなっちゃってるのかな?

おまけに、沖縄に来て10年もたつと、撮影機材が次々と故障。生活家電も次々故障。パソコンも故障。涙;;)
ああ、次から次に出費が。そのうえ車検。
どうしよう............

| | コメント (0)

«ネット環境は最悪だが...。